ポム・ダムール

美術、アート、惹き付けるもの。

美術という概念

美術は芸術の一分野である。芸術とは、表現者あるいは表現物と、鑑賞者とが相互に作用し合うことなどで、精神的・感覚的な変動を得ようとする活動である。
とりわけ表現者側の活動として捉えられる側面が強く、その場合、表現者が鑑賞者に働きかけるためにとった手段、媒体、対象などの作品やその過程を芸術と呼ぶ。表現者が鑑賞者に伝えようとする内容は、信念、思想、感覚、感情など様々である。 日本語の「芸術」は明治時代に西周 (啓蒙家)によってリベラル・アートの訳語として造語された(1870年の『百学連環』?)。「美術」は1873年(明治6年)、当時の日本政府がウィーン万国博覧会へ参加するに当たり、出品する品物の区分名称として、ドイツ語の Kunstgewerbe および Bildende Kunst の訳語として「美術」を採用したのが初出と言われている。あるいは西が1872年(1878年説もあり)『美妙学説』で英語のファインアート(fine arts)の訳語として採用した。

日本語の「美術」はその後、ファインアートのうち視覚芸術に限定して使われ、これからはみだした、詩、音楽、演劇なども含むファインアートに相当する日本語としては「芸術」が使われるようになった。
「美術」と「視覚芸術」、「造形芸術」はほぼ同義であり、ファインアートの一部と見てよいが、本来ファインアートに属さない応用美術も含めた総称で使うこともある(応用美術を含まないことを明示するために「純粋芸術」あるいは「純粋美術」と言うこともある)。
そもそもファインアートの定義も曖昧であるが、その日本的解釈が曖昧さに拍車を駆けている部分もある。(→ファインアート)

代表的な美術の分野(ジャンル)は絵画と彫刻である。これに版画、陶芸、染織、写真、映画、建築なども含む場合がある。隣接するものには、イラスト、デザインや工芸などが応用美術と見なされ、漫画やアニメ、劇場映画の多くは大衆芸術と見なされるなどがある。
美術あるいはファインアートと、応用美術や大衆芸術との区分は18世紀のヨーロッパで確立したものなので、他地域たとえば日本や、時代を越えて通用するかどうかは疑問がある。
たとえば日本で「美術工芸」という言葉は、「美術と工芸」という意味にも、「美術的価値の高い工芸」という意味にも使われている。
また、必ずしも視覚が中心とは言えない作品も現れるなど、ジャンル間の融合や新しいジャンルの発生なども起こっている。現代においてはその区分が輻輳し、あるいは曖昧になりつつあると言うことだけはできる。




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エルメス〜スカーフ、財布、手帳〜 ルイヴィトン ダミエ デニム スカート、ジーンズ、スキニー スキニーデニム